まさかの予約いっぱい!海外の人気式場はお早めに!

Posted on 2015年12月16日 海外総合


海外ウェディングは十数年前まではまだまだ「贅沢」なイメージもあり、芸能人のお忍び結婚式とか、一部の人だけの特別な結婚式…というイメージもあったと思いますが、最近では挙式と新婚旅行が一度におこなえて「実はお得」ということもあり、年々増加傾向にあります。

それに伴い、人気の式場はなかなか予約が取れない!ということも多いようです。
海外ウェディングとなると、新郎新婦やゲストもある程度の長期休暇の必要があるわけですから、休みの取りやすいゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆休みの時期などに集中してしまいがちです。
そのため人気の式場は早い時期から埋まってしまうことが多いようです。

では、予約はいつ頃から入れたらいいのでしょうか?

数か月~半年以内

海外ウェディングのため長期休暇を取るとなると、職場への休暇申請も必要となります。大切なプロジェクトを抱えていたり、なかなか仕事の見通しが立たない場合など、「この時期に長期休暇が取れるかどうか…」と二の足を踏んでしまうこともありますよね。ようやく仕事のめども立って式場の予約をした時には、すでに半年を切っていた、という場合も多いようです。

新郎新婦の予定や両親や親族、友人の予定などをすべて確認してからの予約というのは確実ではありますが、それを待っていると気がついたらもう挙式予定日の数か月前…。
なんとか挙式会場は押さえられたものの、控室や着替えのお部屋が取れなかったり、家族みんなでのお食事会の会場が満室で取れなかった…なんてことにもなりかねません。
中には飛行機やホテルがいっぱいで二つに分かれてしまった、なんていう場合もあるそうです。

ギリギリになれば会場の予約が難しくなるばかりではなく、その他の準備も大変になります。できる限り時間には余裕を持ちたいものです。

半年~1年

海外ウェディングの場合、人気の式場は早い段階でいっぱいになってしまう可能性があります。ましてやゴールデンウィークやお盆休みなど、一般の旅行客も多い時期でしたら、飛行機やホテルも予約でいっぱい…という場合もあります。

挙式当日までに、国内での準備や旅行会社やブライダル会社との打ち合わせもしっかりとしておきたいので、できれば半年以上前には会場は予約を入れたいところです。
せっかくの海外ウェディングですから、事前の準備や打ち合わせはしっかりと行い、余裕を持って臨みたいですね。

1年以上

なにがなんでも絶対にあの会場で挙式をしたい!!などという希望が強い場合には、予約は早いに越したことはありません。
式場はここで、宿泊はここのホテル…などの憧れのプランがあるなら、とにかく早めに予約をしておくことです。

ただ、挙式までに1年以上の時間があると、新郎新婦の問題だけではなく、家族の問題や親族の問題なども含め、その間に変化が起こるという可能性もあります。
そのあたりのことも頭の片隅に置いた上で、「どうしてもここ」という強い思いがある場合には少しでも早い段階での予約をおすすめします。

まとめ

海外ウェディングの場合は事前に会場を見に行くことも難しく、旅行会社やブライダル会社の情報だけが頼りとなってしまいます。そのため、人気ランキングの上位の式場、口コミの高い式場に人気が集中するという傾向が、国内の会場以上に高くなります。ですから人気の高い式場は早めに予約する必要があります。

とは言っても、新郎新婦や両親、親族それぞれの予定、また友人を招待する場合にはその友人の予定なども確認する必要もあり、すぐには予定が決められないというのも実情です。

また海外挙式となると、大きな割合を占めるのが交通費(飛行機代)と宿泊費ですが、これらはシーズンによっても大きく違って来ます。早割などの安い席はすぐにいっぱいになってしまう場合もありますので、費用を少しでも抑えたいのなら、やはり早めに予約した方がいいでしょう。


Recommendこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2018/01/21

海外ウェディングにおすすめのプロデュース会社5選

ひとえに海外ウェディングと言っても、海が一望できるリゾートウェディングや開放的なガーデンウェディングなど、カップルによって思い描くウェディングスタイルは異なります。 自分たちが理想とする海外ウェ…続きを読む

2017/12/27

海外ウェディングフォトの疑問を徹底解消!前撮り、ヘアメイクってどうしてる?

国内ウェディングよりも情報が少ない海外ウェディングでは、「前撮りはどうするの?」「ヘアメイクが理想通りにできるか心配…」など疑問に思うことがたくさんありますよね。 そこで今回は、海外ウェディング…続きを読む