幸せのサムシングブルーを取り入れよう!海外で使えるブルーのアイテム

Posted on 2017年12月7日 海外総合


海外ウェディングで幸せになれるジンクスを取り入れるなら「サムシングブルー」がおすすめです。何か青いものであれば何でもOKなので、荷物が多くなりがちな海外ウェディングを予定しているカップルでも気軽に取り入れることができますよ。

そこで今回は、海外ウェディングを挙げるカップルにおすすめの「サムシングブルー」を気軽に取り入れられるブルーのアイテムをご紹介します。海外ウェディングの計画を練っている方はぜひ、参考にしてくださいね。

img_somethingblue00

 

まずは、サムシングブルーについておさらい!

img_somethingblue01
サムシングブルーとは、結婚式でなにか青いものを身に付けると幸せになれると伝えられているおまじないです。欧米では一般的なおまじないで、「サムシングオールド」「サムシングニュー」「サムシングボロー」と合わせて「サムシングフォー」としても知られています。それぞれどんな意味があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

  • サムシングオールド(なにか古いもの)

古いものは富を表します。花嫁の家系が代々受け継いできたアクセサリーなどを身に付ける場合が多いです。

  • サムシングニュー(なにか新しいもの)

二人の幸せな新生活を表すアイテムです。ハンカチや靴、アクセサリーなど結婚式に新調するものが該当します。

  • サムシングボロー(なにか借りたもの)

幸せな結婚生活を送っている友人などからアイテムを借りることによって、幸せをわけてもらうという意味があります。

  • サムシングブルー(なにか青いもの)

幸せや花嫁の純潔を表し、結婚式にはピッタリのアイテムです。サムシングフォーのなかでもとくに知られているおまじないで、他は取り入れないけどサムシングブルーだけは取り入れるという花嫁もいます。

欧米では目立たない場所に取り入れるのが良いと言われているそうですが、時代の移り変わりもあり、日本では様々な場面で取り入れられているので、あまり意識しすぎなくてもいいでしょう。

 

海外ウェディングで使えるブルーのアイテム5選

img_somethingblue02
青いものであればどれでも良いとは言っても、どれにしようか悩んでしまう人も多いはず。そこでここからは、海外ウェディングに使えるおすすめのブルーのアイテムをご紹介いたします。

 

ガーターベルト

結婚式だからこそ取り入れられるのが、ガーターベルト。日本ではセクシーな印象が強いですが、欧米ではサムシングブルーの定番アイテムとして知られています。もともとサムシングブルーはこっそりと付けておくのが良いとされているので、その点でもガーターベルトはおすすめです。

通販サイトなどで購入することもできますが、なかには自分で作る人も。一生の思い出となる結婚式に身に付けるものですから、一から手作りをしてみるというのも良いですね。

 

ウェディングシューズ

ウェディングドレスの裾から見えるウェディングシューズをブルーにすれば、オシャレさも倍増しますよね。時折見える爽やかな色合いが、純白のウェディングドレスのポイントとなって、美しさをさらに引き立ててくれます。

全体的にブルーをあしらったシューズは少し使いづらいという方は、ビジューなどの装飾や中敷きが青いウェディングシューズがおすすめ。とくに、中敷きが青いウェディングシューズは、自分だけが知っているという特別感がありますよ。

 

ネイル

幸せを掴みとるという願いを込めて手元にブルーのアイテムを取り入れるというのも良いですね。出発前にネイルをしておけば、サムシングブルーのアイテムを自宅に忘れてきてしまう心配もありません。

パステルカラーのような淡いカラーのものを選択すれば、全体的にまとまった印象になりますよ。目立たない部分にということであれば、フットネイルにさりげなく取り入れるもおすすめです。

 

ブーケ

花嫁に欠かせないブーケにブルーの花を取り入れるという人も多いです。青いバラ(奇跡)やブルースター(幸福な愛)など、幸せな花言葉を持っている花もあり、結婚式にピッタリのブーケとなるでしょう

ただし、海外ウェディングでブーケを使う際はどこで調達をするのかということはよく考えなければいけません。現地で調達する場合、希望する花が無い・打ち合わせがスムーズに進まないといった問題がある場合もあります。

一方、日本から持ち込む場合も、生花の持ち込みができない、荷物が増えるといった問題に直面する可能性があります。いずれにせよ事前にプランナーとよく話し合いブーケを調達するようにしましょう。

 

アクセサリー

ヘッドアクセサリーやピアスなど当日付けるアクセサリー類の宝石にそっと忍ばせておくのもワンポイントになりオシャレです。まだ結婚指輪を購入していないというカップルであれば、結婚指輪の内側にブルーの宝石を埋め込むというのも良いのではないでしょうか。

 

ブルーのアイテムを取り入れて幸せな結婚式にしよう

サムシングブルーは、結婚式の最中に持っていられるものであればいいので、あまり難しく考える必要はありません。お気に入りのアイテムを身に付けるだけで、ハッピーな気分になりますよね。どれにしようか悩んでいるという人は、今回の記事を参考にサムシングブルーを取り入れてみてくださいね。


Recommendこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2018/01/15 海外総合

img_cebu-wedding00

気になるセブ婚!セブ島での海外挙式の魅力とは

日本で海外挙式といえばハワイやグアムが定番ですが、今回ご紹介するのは“セブ島”。フィリピン中部にある人気のアジアンリゾートです。日本人にはハワイほど馴染みがないリゾート地ですが、セブ島ならではの魅力が…続きを読む

2017/12/27 海外総合

img_wedding-photo00

海外ウェディングフォトの疑問を徹底解消!前撮り、ヘアメイクってどうしてる?

国内ウェディングよりも情報が少ない海外ウェディングでは、「前撮りはどうするの?」「ヘアメイクが理想通りにできるか心配…」など疑問に思うことがたくさんありますよね。 そこで今回は、海外ウェディング…続きを読む

2017/08/27 海外総合

img_child01

海外挙式に子供を連れて参列するなら押さえておきたいポイント

友人や同僚が海外で結婚をするから参列して欲しいと誘われたらどうしますか?子供がいるとなれば、すぐに「Yes」とは返事ができないのではないでしょうか。費用や飛行機、現地の安全など不安は様々ですよね。 …続きを読む