海外ウェディングの平均滞在日数は?新郎新婦とゲストで違いはあるの?

Posted on 2017年11月15日 海外総合 ハワイ


海外ウェディングの場合、国によって滞在する日数が変わってきます。新郎新婦なら平均5日。友人は3日です。新郎新婦は、新婚旅行を兼ねることもありますので、その場合これよりも長くなることがあります。

いずれにせよ、それだけの期間、滞在するには理由があります。

ここでは、新郎新婦とゲストの平均的な滞在日数をご紹介しながら、その理由を明確にしていきたいと思います。これから海外ウェディングを挙げる人は、参考にしてみてください。

出典:https://www.pexels.com

新郎新婦の場合

新郎新婦の場合、海外ウェディングで現地に滞在する日数は、5日。1日目は到着して休憩。その後結婚式に1日。残り3日は自由時間。というように5日を活用します。新郎新婦の家族も同様に、同じ日数滞在することが多いようです。ただ、同じホテルに宿泊すると、家族と顔を合わせることになります。気にならない人は、同じホテルでもいいのですが、家族に会いたくないという人は、別々のホテルに宿泊するようにしましょう。

もし、海外ウェディングで、そのままその国で新婚旅行を済ます場合、滞在日数はプラス3日が妥当でしょう。ハワイの場合、特にそこまで観光する場所はありません。

img_staydate-02

出典:https://www.pexels.com

友人の場合

海外ウェディングに参加してくれる友人なら、親友と呼べる存在ではないでしょうか。どうせなら、結婚式だけではなく、現地でもショッピングをしたり、夜遊びに出かけたりしたいですよね。友人の場合は、長期で休みを取るのが簡単ではない可能性があるため、だいたい3日の滞在が一般的。結婚式に参加して、少し空いた時間で観光をすることになります。

しかし、せっかく遠くの国に旅行にいくなら、もう少し休みをとってもいいと思います。5日は長いかもしれませんが、土曜、日曜、月曜、火曜くらいは休みたいですよね。特にアメリカやヨーロッパで結婚式をあげる場合、正直1週間は休みをとりたいところです。

img_staydate03

出典:https://www.pexels.com

費用の相場

滞在日数を伸ばすかどうかは、単純に会社の休みが取れる日数と予算次第です。会社の休みを1週間とれても、お金がないのであれば、滞在日数は短くするしかありません。ハワイの場合、飛行機往復10万円、ホテル1泊1万円。生活費1日1万円とすると、20万円の予算で3〜4日の滞在費用となります。ご祝儀は出す必要がなくても、これだけ費用がかかるとさすがに滞在時間は短くしたいと思うのではないでしょうか。もしくは、現地の生活費をさげて、できるだけ消費しない旅行にするかです。

どちらにしても、海外ウェディングをする場合はお金の心配をしなければいけません。生活費や宿泊費以外にも、保険やお土産など多くのお金がかかります。目的はあくまでも、結婚式に参加すること。旅行や観光はその次という心構えでいましょう。

いかがでしたか?

海外ウェディングに参加する場合、新郎新婦や親族は5日ほど。友人は3日ほどと言われています。これは、休みが取れる日数も関係していたり、費用が関係したりしています。せっかく海外でウェディングをあげるのであれば、友人とゆっくりと時間を過ごすのもありです。式に参加する人は少ないと思いますので、式の最中に友人と話す時間をたくさんとってもいいでしょう。

後悔しない最高の式にしてください。


Recommendこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2018/01/21

海外ウェディングにおすすめのプロデュース会社5選

ひとえに海外ウェディングと言っても、海が一望できるリゾートウェディングや開放的なガーデンウェディングなど、カップルによって思い描くウェディングスタイルは異なります。 自分たちが理想とする海外ウェ…続きを読む

2017/07/21

海外挙式の参考にしたい!実際に参列したゲストの感想!

海外挙式に友人を呼ぼうかどうか悩んでいませんか?国内の挙式とは違い、ゲスト側の負担は増えますが、参加して後悔する人はいません。 今回は、実際に海外挙式に参加したゲストの感想をメリット・デメリット…続きを読む