海外挙式なのに現地で体調不良!病院や薬はどうすればいいの?

Posted on 2017年5月1日 海外総合


海外を訪れた際に心配になるのが病気やケガなどの体調不良。

日本とは気候も環境も違う海外で体調を崩してまうことは本当によくあることです。

体調不良は程度の弱いものから強いものまでさまざまですが、どんな病気であったとしても海外挙式のスケジュールや過ごし方に影響を及ぼしてしまうので歓迎されるものではありません。

そんな海外ウェディングで体調不良になってしまった場合に、病院に行くべきか、薬はどうすべきかなどの不安要素を解決すべく、今回は現地での対応処置についてご紹介しましょう。

出典:http://generativemedicine.org/portal/natural-treatments-for-the-common-cold/

出典:http://generativemedicine.org/portal/natural-treatments-for-the-common-cold/

海外で引き起こしやすい腹痛

海外を訪れた際に最も多くの人が体調不良を訴えるのが腹痛です。普段の食事とは違う調味料や味付け、食べなれない食べ物や環境などからダイレクトに下痢や腹痛などの症状が引き起こされてしまいます。

程度の軽い腹痛なら、多少無理をしてでもスケジュールをこなすこともできますが、寝込んでしまうような腹痛では海外挙式のスケジュールに大きく影響を与えてしまいます。

img_overseas_sick02

出典:http://www.wisegeek.com/

対応方法

どんなにお腹の強い人でも、海外に行く際は用心して日本から胃腸薬や下痢止め、腹痛薬などを持参するようにしましょう。お腹の弱い人はなおさらしっかりとした薬を持っていくことをお勧めします。

また現地で腹痛を起こした場合は、食べたものなど腹痛の原因となりそうなものを考え下痢止めや胃腸薬などの症状に合った薬を服用しなくてはなりません。

下痢の場合は、体が体内に入った菌やウィルスを外に出そうと働いていることがあるので、スケジュールを見つつ余裕があるようであれば、下痢止めを服用せずにたっぷりの水を補給しながら様子を見るようにしましょう。

薬を服用しても回復が見られない場合は、ツアーガイドやプランナーに相談し、現地の病院を受診するようにしてください。

また症状が軽くなっても帰国後日本の病院を受診することをお勧めします。

img_overseas_sick03

出典:http://home.bt.com/

海外での急な発熱

海外を訪れた際に腹痛と同じくらい引き起こしやすい病気が発熱です。

海外で引き起こす発熱の原因には旅の疲れやストレスなどが考えられますが、そのほかにも海外特有のウィルスや菌などから発生することも多くあります。

しかし重大な感染症などはすぐに症状が出ることは少ないので、まずは日本から持参した頭痛薬や解熱剤などを服用し、無理をせずに過ごすようにしましょう。

img_overseas_sick04

出典:https://livewellmagazine.org/

対応方法

現地で発熱した場合は、日本から持参した頭痛薬や解熱剤を服用し、無理をせずに過ごすことが大切です。薬を服用して1日で熱が下がるようなら問題はありませんが、何日も高熱が続く場合は現地のプランナーやガイドに相談し病院を受診するようにしましょう。

現地で一時体調が回復して帰国後再発する場合、もしくは日本に帰国してから発熱する場合は何らかの感染症にかかっていることも考えられるので病院を受診し、渡航歴などを詳しく話すようにしましょう。

img_overseas_sick05

出典:http://cyuunen-hyouryuu.at.webry.info/

日本で出来る予防

海外を渡航する際は訪れる国に合わせて事前に病気の対策を行っておくことが大切です。

厚生労働省検疫所のホームページ内に、訪れる国に合わせた推奨予防接種一覧表が掲載されています。もちろん、推奨されているものを摂取しておけば必ず安全というわけではありませんが、予防接種を受けることで海外での危険なリスクを避けることが可能です。

また渡航前に外務省のホームページをチェックして流行っているウィルスや風邪の情報などを仕入れておくこともおすすめです。

img_overseas_sick06

出典:http://tanpopo-kodomo-clinic.jp/

海外ウェディングの強い味方は現地プランナー

海外ウェディングで体調不良になってしまった場合の現地での対応処置、いかがでしたでしょうか。

短い海外ウェディングの期間に病気を引き起こすとほど嫌なものはありませんが、同時に海外の地での病気に不安を感じてしまい気分が落ち込んでしまいますよね。

何が引き金となって病気を起こしてしまうかはなかなか分かるものではありませんが、事前にある程度想定しておくことで冷静な対応を行うことができます。

また海外ウェディングの場合は通常の旅行と違って現地のプランナーがしっかりケアしてくれるので安心できるのも嬉しいポイントです。

海外ウェディングを万全の態勢で迎えるためにも今回ご紹介したことを参考に、無理せず余裕をもって過ごしてください。


Recommendこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2017/07/21 海外総合 ハワイ

img_guest01

海外挙式の参考にしたい!実際に参列したゲストの感想!

海外挙式に友人を呼ぼうかどうか悩んでいませんか?国内の挙式とは違い、ゲスト側の負担は増えますが、参加して後悔する人はいません。 今回は、実際に海外挙式に参加したゲストの感想をメリット・デメリット…続きを読む