海外ウェディングだからこそ!事前に決めておくべき招待状に書く内容

Posted on 2016年10月1日 海外総合


海外ウェディングを行う際に絶対に注意しておかなくてはいけないのが招待状です。招待状はゲストがそこに書かれた内容を参考に事前準備を行ったり、会場を訪れたりするのに絶対に必要なもの。特に海外ウェディングの場合は、招待されるゲストも何かと初めてのことが多く、事前準備量も通常のウェディングよりも多いためそこに書かれている内容が極めて重要になります。

ゲストによっては質問や不安なことがあっても、忙しい新郎新婦にいろいろと聞くのは申し訳ないと分からないままにしてしまう人もいます。せっかく素敵なウェディングを行うのであれば、誰もが大満足に思ってくれるイベントにしたいですよね。

今回はそんな海外ウェディングの招待状を書く際に、事前にしっかりと決めておくべきことについてご紹介しましょう。

img_letter00_1

事前に決めておくべきこと1:負担費用について

海外ウェディングでもっとも考えなくてはいけないのが、現地に行くまでの交通費や宿泊するホテル費用についてです。全額を新郎新婦で負担するのか、一部を新郎新婦が負担するのか、全額をゲストに負担してもらうのかなど明確に決める必要があります。そして招待状には費用負担がどうなっているのかを明確に記載することで、ゲストがどうすべきなのかがきちんと伝わります。

一部でもゲストに費用負担をお願いする場合には、招待状に大体いくらくらい必要なのかを伝えてあげることが重要です。全額負担いただく場合には、ご祝儀が不要な旨なども記載するようにします。

また新郎新婦が全額負担する場合であっても、どのような形で負担するのかを明確に記載することが大事です。新郎新婦が飛行機の手配やホテルの手配などを行い、まとめて支払うのであればその旨を、おおよそかかる金額を想定してその金額を支払うのであれば、一人につきいくらのお車代を支払うなどを明記するようにしましょう。

img_letter02

出典 http://www.1weddingsource.com/blog/wedding-costs-breakdown-20-wedding-costs-to-watch-out-for/

 

事前に決めておくべきこと2:ホテルについて

負担費用の部分とも多少重なってくるところですが、必ずはっきりさせておかなくてはいけないのがゲストが宿泊するホテルについてです。新郎新婦がホテルを手配する場合であっても、ホテルがどこのどういったホテルなのか、ホテルから式場まではどれぐらい離れているのかなどを記載しておくことが必要です。空港からホテルまでの行き方や送迎の有無の記載も重要です。

またゲストによっては自分で宿泊するホテルや部屋のタイプを決めたいという人もいるかもしれません。新郎新婦が一括でホテルなどを手配する場合は、事前にしっかりと確認をとり決定することが大切です。ランクアップなどで差額分が発生したときの負担などについても事前にしっかり考えておきましょう。

img_letter01

出典 http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/retailandconsumer/leisure/11011278/

 

事前に決めておくべきこと3:服装について

日本とは全く違う海外ウェディングを考えている場合、ゲストにどういった服装が必要なのかを事前に伝えてあげることが大切です。日本国内のウェディングにしか参加したことがないゲストにしてみれば、海外でのウェディングがどういったものなのか想像もつきません。また日本からスーツやドレスを持っていくのも一苦労です。

特に南国のオープンエアーな空間でウェディングを行う場合、スーツやドレスだとその場の雰囲気に合わないこともありますよね。どういった服装で参列するのがベストなのかを明確に伝えてあげることで、ゲストの負担が軽減されます。

事前にしっかりウェディングのイメージを固め、そのイメージに沿った服装をゲストに伝えてあげるようにしましょう。

img_letter03

出典 http://www.watabe-wedding.co.jp/retrend/shop-hiroshima/2013/07/post_30.html

 

事前に決めておくべきこと4:誰が窓口なのかということ

海外ウェディングで新郎新婦がすべて手配などを行う場合、誰が窓口なのかを明確にしておくととても親切です。

例えば、旅行会社のプランなどを利用している場合は、プランナーさんがゲストの窓口にもなってくれるのかどうかや、友人にお願いする場合はその友人を窓口にしてもいいのかどうかなどしっかりと決めてゲストに示してあげることが大切です。しっかりと窓口がだれなのかが分かるとゲストも質問などを行いやすく、手配がスムーズに行えます。

img_letter04

出典 http://www.ithb.ac.jp/course/bridal/wedding/weddingplanner1

 

素敵なウェディングを行うポイントはしっかりと準備をしておくこと

海外ウェディングの招待状を書く際に、事前にしっかりと決めておくべきこと、いかがでしたでしょうか。

新郎新婦の立場で物事を決めていっていると二人にとっては当たり前のことでも、参加する立場の人にとっては分からないことも数多く存在してゲストに不安を与えてしまうこともあります。海外に行ったことのある人ばかりであれば、そんな苦労もないかもしれませんが、初めての人だとすべてが分からない場合もあります。

海外ウェディングではやり過ぎと思うほどでも構わないので、万全の準備を整えておくことが重要です。今回ご紹介したことを参考にぜひ十分な準備を行ってみてください。


Recommendこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2018/01/07 海外総合

img_wedding-money00

海外挙式のお車代ってどうするの?なかなか聞けない疑問を解決!

「お車代」をどのくらい自分たちで負担するのか、海外挙式を挙げるカップルならば誰もが一度は悩む問題です。海外挙式では、挙式会場までの移動費のケタが国内挙式とは一ケタ違うこともありますから、とくに慎重に検…続きを読む

2017/12/27 海外総合

img_wedding-photo00

海外ウェディングフォトの疑問を徹底解消!前撮り、ヘアメイクってどうしてる?

国内ウェディングよりも情報が少ない海外ウェディングでは、「前撮りはどうするの?」「ヘアメイクが理想通りにできるか心配…」など疑問に思うことがたくさんありますよね。 そこで今回は、海外ウェディング…続きを読む

2017/12/07 海外総合

img_somethingblue00

幸せのサムシングブルーを取り入れよう!海外で使えるブルーのアイテム

海外ウェディングで幸せになれるジンクスを取り入れるなら「サムシングブルー」がおすすめです。何か青いものであれば何でもOKなので、荷物が多くなりがちな海外ウェディングを予定しているカップルでも気軽に取り…続きを読む

2017/07/21 海外総合 ハワイ

img_guest01

海外挙式の参考にしたい!実際に参列したゲストの感想!

海外挙式に友人を呼ぼうかどうか悩んでいませんか?国内の挙式とは違い、ゲスト側の負担は増えますが、参加して後悔する人はいません。 今回は、実際に海外挙式に参加したゲストの感想をメリット・デメリット…続きを読む

2017/02/21 海外総合

出典:http://www.hawaiiweddingcoordinator.net/hawaiiweddingcost.html

海外挙式は二人だけで行う?二人で行う結婚式のメリットとデメリット

誰もが憧れの海外ウエディング。それでも海外で挙式を行うとなると、費用の問題や身内とのスケジュール調整など、行うにあたってなかなか現実的でないと諦めてしまうこともありますよね。 そういった問題から…続きを読む