海外挙式、ビーチフォトのために絶対用意すべき優秀小物10選

Posted on 2016年1月21日 海外総合


海外ウェディングのお楽しみといったら真っ白な砂浜と青い海をバックに行うビーチフォト。忘れられない思い出になるとともに二人にとっての生涯の宝物となります。

最近ではこのビーチフォトで様々な小物を用意するカップルが増えています。

ロマンティックな撮影やしっとりと大人っぽい撮影から、ワイワイ盛り上がりながらの撮影にもピッタリなおすすめ小物をご紹介します。ぜひ取り入れてみて下さいね。

img_flower00

 花冠

img_flower01

出典 http://hana-porte.com/

ビーチフォトの小物と言ったら定番中の定番の花冠。色白の素肌が明るく綺麗に映えるようなふんわり優しいピンクや、南国のトロピカルフラワーをイメージした色鮮やかなもの、サンセットビーチに映えるベージュの花冠などが人気のようです。

日本からは生花は持ち込めないため、日本から持ち込む場合には造花やアートフラワーのものを持ち込みます。ショップや通販で購入するほか、花嫁向けにプライベートレッスンを開催しているお店もあるので、自分のお好みのデザインで手作り花冠を作ってみるのもいいかもしれませんね。

運命の赤い糸

img_flower02

出典 http://www.watabe-wedding.co.jp/trend/saipan/cat122/index_16.html

こちらも大定番の「運命の赤い糸」。「運命的な出会いをする男女は、生まれたときからお互いの小指と小指が目に見えない『赤い糸』で結ばれている」という言い伝えがありますよね。その赤い糸を目に見える形にしたのがこれです。作り方はとっても簡単で、赤い紐に針金を通して好きな形に曲げて小指と小指につなぐだけ。ポップな感じに仕上げたいのであれば、♡かLOVEがオススメです。

ナチュラルで上品な感じに仕上げたいのであれば、赤い紐や毛糸、リボンなどで二人の小指をつなぐだけというのもすてきです。

ガーランド

img_flower03

出典 http://herecomethe.blogspot.jp/2015/07/just-married.html

ガーランドとは、元々「花冠」「花輪」という意味でしたが、そこから転じて、「ドアや窓辺を装飾するために花や木の実を繋げて網状に したもの」を指すようになりました。日本でもクリスマスやハロウィンの飾りによく使いますよね。

ガーランドは文字を変えられるのでバリエーションが豊富です。海や砂浜をバックに大きなガーランドを二人で持ったり、「HAPPY」、「LOVE」などの文字や結婚式の日付を入れた小さなガーランドを持つのもかわいいですよ。

リボンなどで鮮やかにアレンジして二人のオリジナリティーを出してもいいですね。

紙コップを使って簡単に作れる「糸電話ガーランド」もお茶目でかわいいのでオススメです。

プロップス

img_flower04

出典 http://halboor.com/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2

海外では定番のフォトプロップス。最近では日本でもウェディングフォトの定番となってきていますね。このプロップスとは、もともとは映画や演劇で使われる「小道具」の意味でしたが、それが転じて現在では、結婚式の写真撮影を盛り上げてくれるユニークでかわいい小道具としてイマドキのオシャレな花嫁たちに大人気です。

よく見かけるのが、紙に印刷されたヒゲやセクシーな唇を形どおりに切り抜いたものに持ち手が付いたフォトプロップスです。コミック風の吹き出しもオススメです。「MR / MRS」や「JUST MARRIED」「誓います」という意味の「I do」などがよく使われていますね。

青い海、青い空のもとで使うフォトプロップスは写真をさらにオシャレに演出してくれること間違いなしです!

フォトフレーム

img_flower05

出典 http://sunbloom.net/hawaii-2016/

こちらもフォトプロップスと共に人気のアイテムです。サイズは二人の顔がぴったりとくっついてちょうどフレームの中に収まるサイズや、遠景で撮って全身が収まるくらいのサイズが人気のようです。普段では照れくさいキスシーンなんかも、フレームの中でだったら出来ちゃうかもしれませんね。

イニシャルボード

img_flower06

出典 http://www.couture-naoco.com/staffblog/diary/salon-ginza/p5293/

砂浜に並べるだけで絵になるイニシャルボード。ナチュラルウッドのものや真っ白なもの、ポップなカラーのものなど、撮影のイメージに合わせて選んでみてください。イニシャルボードは撮影後にお部屋のインテリアとしても使えますので、それも考えてお部屋のイメージに合ったものを用意したというカップルも多いようです。

日傘

img_flower07

出典 http://leilaniw.blog92.fc2.com/blog-date-200707.html

こちらも花嫁の定番アイテムの日傘。普段では絶対に使えないくらいのレースたっぷりでフリフリのものが人気のようです。真っ青な空のもとでの撮影にはもちろんのこと、サンセットビーチでの撮影ではレースに夕日が透けて、一層ロマンティックな雰囲気を演出してくれます。

キャンドル

img_flower08

出典 http://smartlog.jp/39278

特にサンセットビーチでの撮影では、砂浜にキャンドルをたてた写真も人気があります。プルメリアなどの南国の花をかたどったキャンドルや、アルファベットのキャンドル、数字のキャンドルなど様々なものがありますので、イメージに合ったものをチョイスしてみてくださいね。

シャボン玉

img_flower09

出典 http://www.watabe-wedding.co.jp/trend/saipan/index_17.html

真っ青な空に向かって吹くたくさんのシャボン玉!アイドルの写真集に出てきそうな一コマではありますが、花嫁にとってはあこがれのシーンでもあります。使い方によってコミカルでユーモラスなシーンから、ロマンティックなシーン、感動的なシーンまでさまざまな演出が可能なシャボン玉は、スーツケースにしのばせておくと重宝するかもしれません。

ビーチサンダル

img_flower10

出典 http://www.my-originalwedding.com/

実際に履くのではなく、砂浜に映えるオブジェとして使ったというカップルが意外に多いのがビーチサンダル。シンプルでスタイリッシュなものからトロピカルでかわいいものまでいろいろあるビーチサンダルは、現地で選ぶのもいいですね。

 

いかがでしたか?他にも造花の花びらや羽、ハート形のバルーンなどなど、ビーチフォトで使いたい小物はたくさんあります。しかし、むやみやたらと持って行っても使わなければただの荷物になってしまいます。それぞれの小物をどういう風に使いたいのか、事前にそれぞれのイメージ写真を用意しておくと撮影もスムーズに進みます。

また、優先順位をつけて「絶対にイメージ写真通りに撮りたいもの」と「イメージ写真と同じじゃなくてもいいけど使いたいもの」「時間に余裕があれば使いたいもの」というようにしておくと、撮りたかったシーンはしっかりと撮ることができ、心残りなく撮影ができると思いますよ。

一生の思い出となる素敵な撮影にしてくださいね。


Recommendこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2018/01/15 海外総合

img_cebu-wedding00

気になるセブ婚!セブ島での海外挙式の魅力とは

日本で海外挙式といえばハワイやグアムが定番ですが、今回ご紹介するのは“セブ島”。フィリピン中部にある人気のアジアンリゾートです。日本人にはハワイほど馴染みがないリゾート地ですが、セブ島ならではの魅力が…続きを読む

2017/12/27 海外総合

img_wedding-photo00

海外ウェディングフォトの疑問を徹底解消!前撮り、ヘアメイクってどうしてる?

国内ウェディングよりも情報が少ない海外ウェディングでは、「前撮りはどうするの?」「ヘアメイクが理想通りにできるか心配…」など疑問に思うことがたくさんありますよね。 そこで今回は、海外ウェディング…続きを読む

2017/12/07 海外総合

img_somethingblue00

幸せのサムシングブルーを取り入れよう!海外で使えるブルーのアイテム

海外ウェディングで幸せになれるジンクスを取り入れるなら「サムシングブルー」がおすすめです。何か青いものであれば何でもOKなので、荷物が多くなりがちな海外ウェディングを予定しているカップルでも気軽に取り…続きを読む

2017/08/27 海外総合

img_child01

海外挙式に子供を連れて参列するなら押さえておきたいポイント

友人や同僚が海外で結婚をするから参列して欲しいと誘われたらどうしますか?子供がいるとなれば、すぐに「Yes」とは返事ができないのではないでしょうか。費用や飛行機、現地の安全など不安は様々ですよね。 …続きを読む