フランスでのウエディング&ハネムーンらしい定番土産5選!

Posted on 2015年12月16日 フランス


海外ウェディングの醍醐味のうちのひとつは、現地でのお土産選びではないでしょうか。日本ではなかなか手に入らなかったり値段が高かったりするものも現地では手軽に入手できるとあり、持って帰ると周りの人にも喜ばれます。

そんな海外土産の中でもフランスのお土産は選ぶのも楽しく、揚げツ相手にも一番喜ばれるものです。今回はそんなフランス土産の中でも絶対に喜ばれる定番土産をご紹介します。

フランスと言えばコレ!ワイン

フランス人はワインで血が出来ていると言われるほど、ワインを常に飲んでいます。それもそのはず、フランスでいただけるワインはどれも飲みやすく口当たりの良いものばかり、そしてそれらが安価に手に入ります。ワインに詳しくなくても大丈夫、安いものでも十分に美味しいので気軽に購入できます。

日系のお店が集まるオペラ地区や、ギャラリーラファイエットの地下では別送品の手続きもしてもらえますので、ワインを安全に楽に持って帰ることが出来ます。

チョコやクッキーなどのお菓子

大人も子供もみんなが楽しめるお土産、それがお菓子です。クッキーやチョコ、マカロンなどフランスにはありとあらゆるお菓子が揃っています。おすすめは沢山ありますが、持って帰りやすいことと日持ちを考えるとチョコやクッキーがよく選ばれます。

クッキーではモンサンミッシェルのマークが入ったラ・メール プラール パレット(Les palets du Mont-Saint-Michel)は素朴な食感がくせになるおいしさで人気です。モンサンミッシェルで買うよりも、パリのスーパーなどで安く売られています。

また、チェック柄のパッケージでおなじみのボンママン(Bonne Maman)のマドレーヌやタルトなどは小ぶりなサイズが食べやすく、バラマキ土産にも嬉しい個包装となっているのも人気の秘訣です。海外では個包装のお菓子が少ないので、重宝すること間違いなしです。

紅茶は軽くて持ち帰りやすい優秀土産

フランス菓子に良く合うドリンク、紅茶も忘れてはいけません。日本でも有名なフォション(FAUCHON)には紅茶だけでなくジャムや焼き菓子などが幅広く揃っています。また、フランス発祥のクスミティー(KUSUMI TEA)はエキゾチックな缶デザインとデトックス効果抜群の効能で世界中で人気です。

味やデザインのバリエーションが豊富なので、選ぶのが楽しくなります。

プロヴァンス石鹸

日本でも人気のコスメブランド、ロクシタン(L’OCCITANE)はじめとしてフランス南部、プロヴァンス地方では特にマルセイユ石鹸を筆頭にオーガニックコスメが豊富に揃っています。

南仏では市場や路面店などどこでも買えるのはもちろん、パリなどでも街角にいくつも店を構えています。自然の原材料のみで出来た身体に優しい石鹸はどんな人にも合い、香りも良いので芳香剤代わりに飾っておいても素敵なお土産となります。

モノプリのエコバッグ

フランスでスーパーマーケットと言えば、モノプリ(MONOPRIX)ですが、これまで紹介してきたお土産は全てこのモノプリで手に入ってしまいます。パリをはじめ、都市の中心部には大体モノプリの大型店が建っていますので、お土産の調達はモノプリで済ませることが出来てしまいます。

それだけでなく、モノプリで人気のものと言えばモノプリのエコバッグです。少し前に話題になり、それからはお土産の定番となっているこのエコバッグは様々なカラーやデザインがあり、エッフェル塔や凱旋門などが書かれたデザインもあります。かさ張らず一つ1ユーロから手に入りますので、バラマキ土産にも最適です。

 

いかがでしょうか。フランスは日本と同じ位お土産が充実していますので、その種類の豊富さにどれを買えばいいかわからない!となりがちです。今回ご紹介したものは全て、フランス好きもそうでない人にも喜ばれるものばかりですので、とにかくこれらを候補に入れてお土産選びの負担を減らし、自分たちのためや観光に貴重な時間を費やすようにしてくださいね。


Recommendこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2016/01/30

ゲストはどんな服装で参列するといい?海外挙式におすすめコーデはコレ!

海外ウェディングは新郎新婦はもちろんのこと、招待されるゲスト側も思い出に残る感動的なものとなります。映画のワンシーンのような幻想的な挙式や、非日常感たっぷりのパーティーは、まるで夢の中にいるかのよう……続きを読む